男性

プロペシアの副作用を知ろう|人体にやさしい治療

薄毛治療薬の作用の注意点

男性

作用の注意点とは

プロペシアはAGA治療薬として厚生労働省から認可された医薬品で、購入するときは医師の処方せんが必要です。プロペシアにはAGAの脱毛症状をおさえる高い効果がありますが副作用もわずかながらあります。プロペシアの使用上の注意書きには、勃起不全、性欲減退、全身の倦怠感、肝機能障害などの副作用がおきる可能性があると明記してあります。この他には、じんましんや発疹、めまいなどが出る可能性もあります。プロペシアを使用した国内の臨床試験ではこれらの症状がおこる可能性は使用者の4%となっています。勃起不全は0.7%、性欲減退では1.1%となっており、勃起不全や性欲減退を心配してプロペシアに抵抗を感じる方もいます。しかし、副作用を気にしすぎると心因性の勃起不全や性欲減退を招く危険性があります。思い込みによる勃起不全や性欲減退の症状で診察を受ける方もいます。確率としては非常に少ないので気にしすぎないようにしましょう。プロペシアの使用中は医師が頭皮や体の状態をチェックしており、血液検査をして肝機能に障害が起こらないように配慮しています。プロペシアにはプロペシア錠0.2mgとプロペシア錠1mgの2種類があり、体調によって使いわけることもできます。副作用の確率は1mg錠では5%ですが0.2mg錠では1.5%となっています。副作用がどうしても気になるという方は、0.2mg錠について医師と相談してみましょう。プロペシアを服用する時は定期的な検査を受けて医師の指示を守ることが大切です。