男性

プロペシアの副作用を知ろう|人体にやさしい治療

育毛に潜む危険性

サプリメント

注意して使用をする

AGA(男性型脱毛症)に使用されているプロペシアですが、日本国内では医師の処方箋がないと入手することができない薬です。プロペシアは、男性ホルモンであるテストステロンが還元酵素5αリダクターゼによりジヒドロテストステロンが生成されるのを阻害します。ジヒドロテストステロンが生成されると、毛根を収縮させてしまいヘアアイクル短くなり、硬毛が軟毛化し弱々しい毛となり、抜け毛の量が増えるのです。ジヒドロテストステロンが生成するのを阻害し、抜け毛や脱毛進行を抑えてくれる薬がフィナステリド成分の入っているプロペシアです。この薬を入手するのに、専門の医療機関で医師の診察を受けて処方されるのであればいいのですが、薬代や診察代などで高額な費用が必要とするので、個人輸入代行で海外製品を購入される方がいます。安価な費用で入手することができるメリットはありますが、元々プロペシアは発毛薬として開発された薬ではないため、血圧の急激な低下や妊娠中の母体に影響を与えるなどの副作用が危惧されている薬です。その他にも勃起不全や性欲減退、頭痛などの副作用が出ることがあるため使用が厳しく制限されています。頭髪治療専門の医療機関では、プロペシアを患者に処方してもいいか事前に検査・診察をして問題ない方に処方しています。もし副作用で万が一のことがあった場合でも、電話等で医師に相談できる環境にあります。個人輸入で入手すると、もし副作用の影響で体に支障があったら誰に相談したらいいかとなります。かかりつけの医師がいるという意味でも医療機関で処方してもらう方が安全です。