男性

プロペシアの副作用を知ろう|人体にやさしい治療

脱毛を食い止める薬

サプリを持つ人

頭髪治療の基本薬剤

近年では、若い男性の間でも薄毛や抜け毛に悩まれている方が増えています。その男性の薄毛の原因の多くは、AGAです。テレビCMなどの影響によりAGAという言葉を耳にしたことはいるかと思いますが、AGAとは、男性ホルモン、遺伝、ストレス、生活習慣や食習慣など複数の要因が絡み合って薄毛が進行していく症状です。円形脱毛症のように一気に一箇所が抜けるのではなく、頭頂部または生え際から徐々に薄毛が進行する症状です。AGAを治療するには、頭髪治療を専門とする医療機関を受診することで薄毛を改善させることができます。その治療に使われている薬がプロペシアです。プロペシアは、日本の多くの頭髪を治療する医療機関で髪に悩む人のために処方されています。この薬を入手するには医師の処方箋が必要となります。AGAはそのまま何もせず放置しておくと、髪の毛が細くやわらかくなり、脱毛量が増え、全体的に毛量の減少が進んでいきます。プロペシアを服用することで、薄毛、脱毛の進行を抑制する防衛的な治療をすることができます。ただし、心配なのが副作用です。服用開始1ヶ月程度で抜け毛の量が一時的に増加する初期脱毛の副作用が起こる方がいます。初期脱毛は、新しいヘアサイクルに生まれ変わるため、これまでの細く軟毛化した毛を押しのけるので脱毛が増えるのです。そのためあまり気にする副作用ではないです。プロペシアの薬が強すぎると、副作用で体に支障をきたすケースもありますが、万が一そのようなことになった場合はすぐに専門医に相談をすることです。