腕を広げる人

プロペシアの副作用を知ろう|人体にやさしい治療

薄毛治療薬の作用の注意点

プロペシアはAGAに有効な治療薬として知られていますが、薬ですから副作用もあります。プロペシアの主な副作用は性欲減退、勃起不全、肝機能障害などとなっています。ただし、副作用の中には患者の思い込みによるものもあります。気になる方は内容量が少ないプロペシアに変更することも可能です。

脱毛を食い止める薬

AGAは、複数の原因で髪の毛が徐々に脱毛進行していく症状です。AGAに対する治療は、プロペシアを服用することで抜け毛や脱毛進行を抑制させることができます。人によっては副作用が出る人もいますが、体に支障をきたす場合は医師に相談をすることです。

AGAの治療をするには

頭部

一旦脱毛症状がひどくなる

プロペシアは、AGA(男性型脱毛症)の治療薬として有名です。この薬は市販されておらず、使用するには医師の処方が必要となります。では、プロペシアはどのような効果を発揮するのでしょうか。また、どんな副作用があるかが気になる人もいるでしょう。AGAは、5αー還元酵素が男性ホルモンに作用して、抜け毛の原因となる物質をつくることで発症します。プロペシアに含まれるフィナステリドという成分が、5αー還元酵素の働きを抑える働きがあるのです。プロペシアの服用を始めると、脱毛症状がひどくなるといった症状が見られます。このような症状が副作用だと心配するもいますが、そうではないのです。髪は成長、退行、休止といったサイクルで生え変わっていきます。しかしAGAの人はこのサイクルが乱れ、休止期の髪が頭皮に長くとどまっていることが多いのです。プロペシアはそんな休止期の髪を取り除き、次の成長期につなげる働きをします。なので、髪が抜けても、すぐに新しく生え変わってくるので心配はありません。プロペシアの服用を始めて、早ければ一週間ほどで脱毛症状が始まります。それにより、その後数週間程度で新しい髪が生えてきます。プロペシアは医師の正しい処方を受けていれば安全な薬です。また、効果を持続させるには、継続して服用することが大切です。しかし体調や体質などによって頭痛や腹痛、下痢といった副作用が出る人もいます。この場合はすみやかに処方する医師に診察してもらいましょう。しかしこのような副作用が出る確率はかなり低いので心配することはありません。

育毛に潜む危険性

薄毛や抜け毛の進行遅延に効果のあるプロペシアは、日本国内で医師の診察を受けないと入手できない薬です。高額なため安価に入手するには個人輸入で海外製品のプロペシアを取り寄せる方法があります。しかし、海外製品だと薬が強すぎて副作用が出やすいなど報告がされています。安全に使用するには医師診察の下です。